• インフルエンサーマーケティング会社のアンモナイトワークス

    インスタグラム広告やツイッター広告・Line広告などSNS広告はお任せください。

  • インフルエンサーマーケティングのメリット

    インフルエンサーマーケティングは、人々にSNSがメジャーになったことで生まれてきたマーケティング手法となります。今までのマーケティング手法のように企業がお客様に直接施策を行うのではありません。FacebookをはじめTwitterやInstagram、YouTube、TikTokなどの各SNS媒体から、影響力を持ったインフルエンサーが、自社の商品やサービスについて情報を発信し、プロモーションしてもらうマーケティング手法となります。インフルエンサーが各SNSを介して情報発信していただくことで、それを見たユーザーが投稿を拡散してくれるようにもなり、ターゲットとなるユーザーからまた別のターゲットへプロモーションされることで、自社の商品やサービスをより多くのユーザーにリーチできるようなります。インフルエンサーマーケティング会社の当社は、プロモーション戦略に精通した会社です。

    今までのリスティング広告やSEO対策、ダイレクトメールのような広告・マーケティング手法では、企業が直接ターゲットとなるユーザーに施策を行い、それを見たユーザーにコンバージョン(商品の購入や申し込み、資料請求など)を促すのが基本的な流れでした。

    SEO対策の手法の1つとしてメジャーになってきているコンテンツマーケティングやオウンドメディアの展開も、直接企業がターゲットとなるユーザーに施策を行うマーケティング手法となります。コンバージョンに対する即効性という面では低いですが、中長期的な側面で見た際には有効になる施策でもあります。

    ただし、インフルエンサーマーケティングは、各SNS媒体のインフルエンサーが、自身のSNS上に直接企業の商品やサービスを書き込んだり、動画配信することで訴求してくれるため、上手くいけば非常に質の高い口コミや評判が、インフルエンサーの抱えているフォロワーを通して一気に拡散させることができるようになります。また、インフルエンサーマーケティング渋谷の当社は、ターゲットに応じてSNS媒体とインフルエンサーの選定を行えば、自社の商品やサービスをユーザーに訴求する中で、ブランディング力の向上や認知度の拡大も簡単に実施することも可能です。

    このように、インフルエンサーマーケティングは、非常に大きな期待値を含んだマーケティング手法となりますが、今回はそんなインフルエンサーマーケティングのメリットと、一方で抱えるデメリットについてご紹介していきます。

     

    インフルエンサーマーケティングのメリット

    まずは、インフルエンサーマーケティングを実施することのメリットです。こちらは先ほどからもいくつか触れていますが、改めてポイントごとに紹介します。

    1つ目は「情報が拡散されやすい」点です。

    インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーの管理するSNSで自社の商品やサービスを紹介してもらうため、対象のインフルエンサーが抱えるフォロワーに対して訴求したい情報が拡散されます。また、そのフォロワーが別のユーザーに情報発信してくれることで、訴求したい情報がどんどん拡散されるのがメリットとしてあります。

    2つ目は「ブランド認知の向上」です。

    インフルエンサーが自身の各SNS媒体で告知していただくことで、通常の広告手法よりも自然な形でブランド認知向上につなげることができやすくなります。対象のインフルエンサーに認知度があればあるほどこの効果は高まり、コンバージョンにつながりやすくなるだけではなく、企業に対する信頼度も自然と高まってきます。

    3点目は「親近感と安心感による訴求」という点です。

    インフルエンサーは、フォローしている側からすると少なからず好意があるからフォローしていることになります。自分の憧れであったり、共通点がある、気になる点があるからフォローしているわけですので、そのインフルエンサーがオススメする商品やサービスであれば、自分も試してみたいという感情が生まれやすくなります。通常の広告手法であれば、本当に信用していいのか不安になる部分を排除でき、ターゲットとなるユーザーに親近感と安心感を与えることができる部分はインフルエンサーマーケティングの大きなメリットの1つだと思います。

     

    インフルエンサーマーケティングのデメリット

    一方で、インフルエンサーマーケティングには良い面だけではなく、デメリットも存在します。このデメリットについてもポイントごとに紹介します。

    まず1つデメリットとしてあるのが「ステルスマーケティングと思われる可能性」という点です。

    ステルスマーケティングとは、「ステマ」や「サクラ」「ヤラセ」とも呼ばれますが、インフルエンサーが企業の商品やサービスを紹介する際に、フォロワーであるユーザーに良い面ばかりを誇張して紹介したり、広告と分からないように宣伝したりすることです。

    インターネットが広く浸透する中で、ユーザーも誇大広告に関しては厳しく見る傾向にあります。またそれは自身が信頼してフォローしているインフルエンサーであれば尚更です。

    このようなステルスマーケティングが発覚すると、2つ目のデメリットとして「炎上する可能性」につながります。

    メリットでも紹介したように、SNS媒体では良いことも悪いことも簡単に拡散されてしまいます。1度炎上してしまうと、企業に対する信用度は一気に下がり、大きなマイナスイメージにもつながります。

     

    まとめ

    インフルエンサーマーケティングは、SNS媒体を通じて広くユーザーに訴求できる反面、一歩間違えれば炎上して大きな被害を被る、諸刃の剣という側面も持ち合わせます。

    ただ単に流行に乗る形で実施するのではなく、効果を見極め慎重に実施検討するのがいいでしょう。

    ご質問は、お気軽に、インフルエンサーマーケティング会社の当社までお願いします。

     

  • ツイッター広告について

    Twitter広告とは、Twitter(ツイッター)の検索結果やタイムラインなどに掲載することができる広告手法になります。

    そもそもこのTwitterは、2006年にサービスがリリースされ、今なお若年層を中心に人気の高いSNSです。特にリリース当初は10代から20代の利用が多い傾向にありましたが、現在では40代から50代の方でTwitterを活用しているケースも増えてきています。Twitterは、簡単にどんな内容であったとしても投稿できるため、自由度が高く、またファンも作りやすい傾向にあります。また、Facebookなど他のSNSに比べて拡散される率が高いという特徴もあります。

    Twitter広告は、こういったユーザーに対して、さらに興味関心やツイート内容、検索時のキーワード等々によってターゲティングして広告配信ができるため、効果が期待されやすく人気の広告手法となります。

    そのTwitterですが、基本的には以下のような機能があります。

    「ツイート」:Twitterで何か情報を発信する(投稿する)ことをさします。

    「フォロー」:特定のユーザーをフォローすることで、相手の発信を読むことができるようになります。また相手ツイートが自身のタイムラインでも確認できるようになります。

    「フォロワー」:自身のことをフォローしてくれている人のことをさします。

    「リツイート」:他人のツイート(投稿)を引用して発信したり、自分のツイートを引用して再度発信したりすることをさします。これによって、他人のツイートを、自身のフォロワーに紹介することもできます。

    「引用ツイート」:リツイートに自分のメッセージを足して投稿(紹介)することができます。

    「いいね」:Facebookと同じく、他人のツイートで気になったものに「いいね」をすることができます。こちらは自分のツイートにも「いいね」することもできます。

    「リプライ」:ツイートに対する返信のことをさします。

    「メンション」:ツイートの中に「@ユーザー名」というような形で相手の名前を入れることができます。このメンションがされたユーザーには通知が届きます。

    「DM(ダイレクトメッセージ)」:Twitterは、基本的には公開された環境でやり取りが行われますが、DMは指定のユーザーと非公開の状態でメッセージのやり取りを行うことが可能です。

    「ツイートの検索」:GoogleやYahoo!のように、Twitter内の記事やユーザーを検索することができます。最新情報や気になるユーザーの動向を知る上では便利な機能です。

    このように、Twitterには数多くのコミュニケーションを円滑に行うための機能が盛り込まれており、ユーザーが使いやすい作りとなっています。そのため、若年層を中心に多くのユーザーが集まっており、アクティブなユーザーが多いのも特徴です。インフルエンサーマーケティング会社の当社はTwitter広告の配信も的確に行います。

    Twitter広告の特徴

    Twitter 広告の特徴として、Twitterは他のSNS広告と比べて二次的な拡散が期待できる点にあります。ユーザーがリツイートを行うことで、そのユーザーをフォローしている別のユーザーに訴求がされ、それがまた別のユーザーにという形で拡散に繋がりやすくなります。

    リツイートだけでなく、引用ツイートやそのツイートが検索に載ることで、多くのユーザーに自社の商品やサービスを訴求することができます。

    10代から20代の若年層を中心ににぎわいをみせているTwitterのプラットフォームですので、自社の商品やサービスがこのターゲットにマッチするのであれば、大きな効果につなげることができるでしょう。

    Twitter広告は、掲載された広告のクリックやフォロワーの新規獲得、指定ページへの送客、その他、事前に指定した目的に応じたユーザーのアクション等によって課金(費用)が発生します。さらに、Twitter広告は通常の広告と異なり、最低利用料のような制限はありません。リスティング広告のように少額で始められるのも特徴の1つです。

    その他、Twitter広告は、リツイートされた先でコンバージョンが発生しても費用対象にはなりません。拡散されることが多いTwitter広告において、このようにリツイート先で発生したコンバージョンに対して課金されないのは非常に大きなメリットかと思います。

    リスティング広告や通常のSNS広告ではリーチできない層に対しても、広くアプローチができる Twitter 広告は、「若年層にリーチでき」「興味関心などのターゲティングを細かく設定することで」「二次的な拡散も期待できる」効果的な広告手法になります。

    もし これからTwitter 広告の配信を検討している場合は、是非、インフルエンサーマーケティング会社の当社へ、一度当社にご相談ください。

     

  • 私たちの会社について

    会社の特徴やコンセプトなど

    お客様ファースト

    私たちはお客様が一番です

    当社はお客様のも目標達成を第一に考えています。お客様にとって良い取引になるように最善を尽くします。

    万全のサポート

    依頼から納品・アフターサポートまで

    当社はお客様のご依頼を丁寧にお仕事させていただき、依頼後のサポート体制も万全に整っています。

    拡散できます

    インフルエンサーを使って拡散できます。

    当社所属のインフルエンサーと連携してお客様の商品や会社を拡散できます。ご相談はお気軽にご質問ください。

  • インスタグラム広告について

     

    インターネット広告の世界では、SNSの台頭によって今までのリスティング広告と呼ばれるGoogleやYahoo!の検索結果に表示されるものから、FacebookやTwitterのようなSNSを活用した広告手法が増えてきています。Instagram(インスタグラム)も同様で、10代から20代が多く集まるインスタグラムでは、利用ユーザーの属性やアクティブ性、そこから期待できる効果の面から盛り上がりをみせています。ただ、いくら注目度の高いインスタグラムだったとしても、自社の商品やサービスの特性を理解した上で広告展開を行わないことには効果につなげる事ができません。今回はInstagram(インスタグラム)の特性から、その効果的な広告手法について紹介していきます。そもそもインスタグラムは、2010年頃から日本でも少しずつ浸透するようになり、2018年には利用者が10億人を突破し、現在でもアクティブユーザーとして3,000万人を超え、年々増加傾向にあります。若干女性ユーザーの方が多く、年齢層では10代から20代といった若年層が比較的多い傾向にあります。写真型のSNSという特性もあり、ビジュアルを中心とした情報検索がインスタグラム内では盛んに行われています。ユーザーは、ハッシュタグなどを用いて自身に興味のある商品やサービスを紹介し、FacebookやTwitterのように友人どうしで活用し合っています。このようなインスタグラム内の広告も、Facebookと同じように配信でき、ターゲティングも細分化して行うことができるため、企業側も自社の商品やサービスをより身近に訴求することができるとして注目が集まっています。ではInstagram広告(インスタグラム広告)には、どのようなメリットがあるのでしょうか?インスタグラム広告には、先ほど触れた高精度のターゲティングも含め、大きくは4つのメリットがあります。そのメリットにつきまして、ポイントごとに紹介していきます。 • 世界中のユーザーへ訴求可能日本ではアクティブユーザーが3,000万人を超えているとお伝えしましたが、全世界においてInstagramのアクティブユーザーは、月間で10億人を超えるといわれています。インスタグラムは、日本限定というわけではありません。投稿すれば、日本以外にも世界中にアプローチできる点がメリットとしてあります。また、インスタグラム広告は画像や動画を使ったビジュアルでの訴求がメインとなります。そのため、FacebookやTwitterのように言語の壁が低い点も、世界中に広告展開する上では重要なポイントになります。• 高精度のターゲティングが可能インスタグラムはFacebookと紐付けされています。そのため、ユーザーの性別や年齢、住所などに加えて、趣味趣向・興味関心やインスタグラム内での行動データも蓄積されています。これらの属性情報をもとにターゲティングして広告配信ができますので、より精度が高く、自社の見込み客のみにアプローチすることも可能になります。• 多種多様な広告フォーマットでアプローチが可能インスタグラム広告では、②のターゲットに対して様々な広告配信を行うことできるフォーマットがあります。通常の画像や動画による訴求以外にも、ユーザーとコミュニケーションを取りながら配信できるアンケート広告や、ショッピングへの導線を強化した広告などもあります。②のターゲットとあわせ、このような広告手法を組み合わせることで最適な広告展開を実現することが可能になります。• 予算やクリエイティブにおいても効果的な運用が可能インスタグラム広告は、リスティング広告のように低コストで始められる点も魅力の1つです。1日あたり100円前後の予算で始められます。事前に予算の上限を設定できますので、無駄に予算を消化することも無くなり安心して運用することが可能です。また、運用途中で予算を変更したり、画像や動画コンテンツなどのクリエイティブも差し替えることができますので、効果を観ながら運用していくことも可能となります。インフルエンサーマーケティング会社の当社はインスタグラム広告の運用代行も効果的に可能です。このように、インスタグラム広告には、リーチできる対象が全世界と広く、且つ目的に応じてターゲティングしやすく、様々な広告手法で訴求できる点に魅力があります。また、予算設定も小ロットから手軽に始められる点もメリットとして挙げられています。 そのインスタグラム広告には、大きく分けて3つの広告配信手法があります。まず1つ目は「ストーリーズ広告」です。これは、インスタグラムのTOPページにあるストーリーズという部分を再生中に表示される広告枠になります。ユーザーがフォローしているアカウントのストーリーを3回再生すると、このストーリーズの広告が表示されます。ストーリーは、ユーザーが自分の興味のあるイベントやお気に入りの有名人の最新情報を求めている場合が多いため、このストーリーズの広告手法は、リアルタイム性があるような商材やサービスなどを訴求するとターゲットユーザーにマッチする可能性が高まります。続いて2つ目は「フィード広告」です。フィード広告は、フォローしているアカウントが投稿した写真を下にスクロールしていくと表示される広告になります。基本的にユーザーは、新しいものを探している時にスクロールしていきますので、適時商品の訴求を行う上では、このフィード広告は有効でしょう。最後に3つ目が「発見タブ広告」です。この発見タブは、他の掲載枠と異なり、ユーザーが能動的に情報を集めている時に表示される広告ですので、ユーザーニーズとマッチすれば効果にも繋がりやすい広告手法となります。いかがでしたでしょうか?インフルエンサーマーケティング会社の当社は安く効果的なインスタグラム広告を提供しています。自社の商品やサービスの魅力を他のSNSの中でも効果的にユーザーへ伝えることができる Instagram 広告は、非常に注目度が高まっています。ターゲットに合わせ全世界に展開できるインスタグラム広告を活用し、是非お客様にアプローチしてみてはいかがでしょう。わからないことがございましたら、お気軽にご相談ください。 

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。